小説クルーズパラダイスー太平洋横断二人旅エレガントシップは北上す

”ああああ 手がつめたーーーい

”だから 手袋やっぱりいるでしょ かたっぽする?

鷹也がにやにや 憐みの笑みで 片手をあげる。

”みんな、歩いているからへいきと思ったのに。でも

かして、ありがと。

那美は むっとしながら、借りた鷹也のニット手袋を がばがばとはめた。

残りの右手はポケットに押し込むしかない。

鷹也も左手をコートのポケットに押し込む。

アラスカへ向かう、太平洋横断のクルーズのウッドデッキ。

今回は elegantな

ミッドサイズシップでむかう、太平洋横断後、アラスカで 氷河をみてバンクーバーにいくもの。いわゆるリポジショニングだが 遠くに不都合はない。

日本では 大々的に売り出されていないので 鷹也が ネットで 見つけてきたのだ。

日本人は少なく、リタイアの教師などが多いという評判で 確かに 全体がおちついた 大人の多いクルーズである。

広大な図書室には ちゃんと専任の司書がいて 北欧製の人間工学ばっちりのような くつろぎ椅子がずらりと並び、

そばのcafeでは 静かに ジグソーパズルを楽しむカップルや、 トーンを落した談笑するグループが居たり、今までにない、空間がある。

混み合っていないので、 リドの食事の席も楽に選べる。船長や、ほかのオフィサーをよく見かけるのもこの船の特徴だ。

いままでの 船では 何かのイベントの時しか 会うことがあまりないキャプテンがあちこちにいて 顔が合えば ニッコリ会釈を返してくれる。

すれ違えばもちろんあいさつを交わすのだが 素敵なジェントルマンの船長を見かけることが多くて那美はなんだかうれしい。

船長が バフェで食事をしたりしているのを見かけたりすると 何だか、このバフェはちゃんとしているような気になってくる。

別にないもおかしいわけではないがキャプテンも一緒のもの食べるのかとおもうと何か平等な気がしたリもする。

キャプテンがごちそうたべてるわけないだろうと 鷹也はいうのだが、

どうも カジュアルな船では スタッフのほうがいい食事をしてそうだと思うのが 最近の那美理論だ。

鷹也は そんなことはなかろうと性善説的意見ではあるが 那美はクルーズに行くたびにその思いが強くなる。

まあ、お客は遊びに来ているわけだし、スタッフ元気で 一番いいわけですしと それなりの納得にたどり着いているが

ドレスマニアの那美としては メインレストランのディナーで 着るものを考える楽しみは ぬかせない。でも、おいしいものがあるのがバフェであるならおいしい物にも魅かれ、こころ乱れてしまう。

鷹也はしゃれ物で だいたい ディナーなら、素材感や遊び感はかわっても ジャケット着用だし、日本人のオヤジにしては まあ 着るもの全般に気を使っているので、来ておかしげなものなどは もともと もっていない。

でも やはり、デイナータイムにスマートに洒落て食事を楽しむのは 船の醍醐味だし、これって 船へのリスペクトと 那美は 思うのだ。

何にしても 今回の船は 全体にエレガントで ”船旅”という言葉が

しっくりするもので うっとりなのである。

それにしても春の終わり、かれこれ 4月になろうという季節だが やはり 北上しているから寒いのだ。

たくさん、着るものを用意してきてほんとによかった。

アラスカは きっともっと寒いと予想される。

初めて乗った船なのに、バスタブ付きの部屋で シャワーだけでないことも

寒いとこに連れて行くよといわれているようにもおもえる。

バスタブありがとうである。

 

頑張った主婦の海外旅行記―ハワイ有名どころを観光今昔

ハワイ旅行といえばオアフ島の ワイキキで 海外旅行の初級のようなところ。

わたしも新婚旅行の最初の海外旅行がハワイで それから

縁があったのかずいぶん行きました。

一番最初の時にカウアイ島に行き何年か後にマウイ島、ハワイ島をそれぞれ1回ずつ尋ねましたが、あとは 基本オアフ島のワイキキ周辺をうろうろしています。

最近は ワイキキより北のほうも結構流行っていますし、バス便などもできていきやすいですが、最初にいった40年前には オアフ島を1周する道路もありませんでした。

そのころは 主人の知人が 車で 連れて行ってくれたので、ドライブで オアフ島の道路をはじまで

まわりましたが、自分たちで 観光とかするようになって 路線バスをつかったりワイキキトロリーなどを使って 移動するとなるとなかなか遠くへは行かないので つい裏側へは行きません。

中心部にあるプーるとかのすごいパークとか 広告を見たり、はしましたが それこそいちどもいったことがありません。

子供を連れていくかどうかもハワイにきてプールはないだろうということで 行くならビーチとしてました。

有名どころは 1,2回は行くけれど あとは意外と続きません。

ダイヤモンドヘッドも 2回くらいは のぼりました。

ワイキキから見ると近そうですが、 意外と距離はあります。のぼるつもりなら行きは バスかトロリーで 行くと山の中腹くらいの感じのところで降ろされます。そこから、道案内をみながら、登りますが、結構な登山です。サンダルなどでは ゆめゆめいかないように。スニーカーならいいですが、雨の後などは 滑るので ホールドのいい靴がいいかもしれません。

上に行くにつれてすれ違うのも難しい細い山道を多くの観光客とすれ違います。

そして頂上は 岩穴の塹壕のようなところをよじのぼって 狭い頂上に出ることになります。服装もちゅういがいるかも。

景色は 見渡せるので 良いですが狭いので 長居は無用な感じ。

で、降りてくるのも結構膝に着たりしますし、帰りのバス時間も要チェック。

そんなに回数頻繁に来るところではないし、タクシーもつかまりそうになかったでした。でも 明るいうちで 歩こうと思えば ワイキキ方向に降りてくるだけで 道はわかりやすいので、 徒歩で ワイキキまで戻れます。

途中、住宅街や小さな商店街、学校などが在るところを延々、降りてくればだいたい1時間くらいで ワイキキのはじの動物園のあたりに到着します。

そのあたりはもうホテル街も近いし、もしアラモアナ方面に宿泊しているなら裏のクヒオ通りのバスを拾えば そちらへ向かえます。もちろんずっとあるいてもよし。目いっぱい地理に詳しくなります。

クヒオ通りホテルやレストランも40年前と変わらないものや いくつも変わったところもあります。

安売りのロブスターとステーキを食べさせる店は そこらじゅうで クーポンを出していますが、むっかしからありますね。

一度行ってお酒を何も頼まなかったら、ひどく冷たくされたので 2回はありません。

Ihopなどというパンケーキがおいしいという アメリカのファミレスも ホテルの1階でずっとあります。

子供を連れて何回か行きましたが、サービスが遅いしあまりおいしくはありません。最近はわかりませんが。

エッグッスンシングスというパンケーキ屋も日本でも有名ですが とにかく甘いので 1回試しただけです。

ハワイは 島なのでなんでもそとから 運んでこなくてはならないので 結構物価が高いので 食事は 大問題。

いつも混んでいるし、子連れの時も結構苦労しました。

子供連れのときは キッチンのあるメゾネットや コンドミニアムタイプが自分で調理できるので便利でした。

でもレンタカーなどはないので ファーマーズマーケットなどにいったりは出来ませんから、フーズランドや 日本食も置いているスーパーや、今ならドンキーもありますか、その辺で 材料を買って持って帰るのも 結構大変でした。

そう、この辺は もう少し後で書きましょう、余談になっています。

有名どころ観光でした、あと、ダイヤモンドヘッド方面では シーライフパークというのがあります。ここもワイキキトロリーや 市バスでも行かれますが、本数は少なく、ちゃんとバス時間のチェックは 必要です。

でも小さい子供にもとても楽しいところで、 イルカやクジラのショウもありますし、大きな水槽の水族館も面白い。

ホノルル水族館が コンパクトなので、インパクトはあります。

ここも何回か行きましたが 何しろ夢中になった子どものスイッチが切れると

帰りのバスが混んだりすると悲惨なことになるので 余り、回数は言っていません。

ついつい、歩いて行けるところが好きですね。

ホノルル水族館は小さいですが動物園はそこそこの広さはあって アフリカの動物などもいたように思います。

動物園は意外とでいるの多いところで いつもいるはずがいないとか たびごとに少し工事して変わってりしますので 飽きずに通えます。

季節によってもいろいろで、 暑いころは 動物もグダグダしてますが、ちょっと涼しいと元気だったり。

アフリカハゲコウのケージの前で 子猫の鳴きまねをしたら

”餌 えさと 探しに来ました。きっと、肉食なので アフリカでライオンの子供とかだって襲うのかもしれません。

オウムのケージの前ではあちらから

”What’s Up?”ときかれました。意味は”よう、元気?なんかいいことある?”位のものですが

先に声を掛けられるとは。

小さい、ネズミが日向で死にかけているのもみましたし、(ネズミは日向には出ないことが多いので 珍しい)

かと思えば 6月に行くと 鳥が子育ての季節で、いろんな鳥(多分、野鳥)が 巣立ちの練習中のひなに、エサを詰め込んでいたり、誘導していたりもみられます。

暑いところですから鳥は元気です。

ハワイで 昔から有名なのは ポリネシアン文化センターで これは ワイキキから、バスや専用シャトルを予約していくのですが、南太平洋に広がるポリネシアの民俗文化を見たり体験したりした上に 素晴らしいディナーショーを見ることもできます。私たちはディナーなしで ワイキキからのシャトルでいきましたが、これを運営しているのがモルモン教の団体なので その、シャトルのバスの中で、讃美歌のようなものを歌ったり、なんだか お話をきいたり、ちょっとあったので 驚きました。無理やり勧誘などは絶対ありませんがさりげないお誘いという感じでしたね。

夕方4時ころ、集合して出発でしたが結構遠いので 行ってから、普通の文化体験のところを回る時間が少なかったので こんどゆっくりといいつつそれから行ってません。

それも子供が育ってから行ったので 大人だけで行きました。

ショーは テーマがその時その時で もたせてあって規模の大きい、素晴らしい物でしたが私たちが見たものは ”ホライズン”という、ポリネシアの神話を もとにしたような壮大なもの。、それもバブルのころ、最近はどうか、余り広告も見かけなくなりました。ワイキキカラカウア通りのロイヤルショッピングセンターの1回の通路にブースがあっていつも人がいたのですが最近2年前くらいに行ったときはブースが消えていたようです。

ハワイにツアーで行き、空港から観光バスで 運ばれる時に、40年前から何十年も ジャジャファッションというムームーやアロハを売る店に必ず立ち寄りました。

その後それが ヒロハッティという お店に変わり、そのヒロハッティは無料周回バスをワイキキからだしていて、店自体がちょっとホノルルでもはずれにあり、そばにKマートという大きなアメリカのスーパーがあって そこに行くのに便利に使わせてもらいました。

着くと必ずパイナップルジュースのサービスと貝の細いレイをかけてくれました。

その店も中身がチャイニーズの資本に変わり数年したらなくなってしまいました。

いまは ツアーは直で免税店とかにつれていくようでしょうか。

昭和のころは 皆、ジャジャファッションで 行きに買って、男子アロハ女子ムームーを翌日から着込んでいたものです。

今は 現地の方でもあまり、見かけない。

みーんな、スパッツにチュニックかTシャツ。

たまに、昔ながらのフリルのついたワンピースのムームーを着ていらっしゃる、シニアのロコをみかけます。

可愛いんですけどね、世界中カジュアル化が進んで ファストファッションで ローカル感もうしなわれていくのでしょうか。

まだ、メンズのほうが アロハは開襟シャツで ジーンズの上にも会うので 生き残ているようです。

もの。

たかがハワイされどハワイ。

思い出話はなかなかつきることを知りません。





 

頑張った主婦の海外旅行記―高齢者と子供が旅しやすかったハワイ

またまたハワイです。

子供が 育ち上って10年以上になって 仕事もリタイアし実は最近は ハワイから足が遠のいているわたしたちです。

別に飽きたとかではないんですが、バブルもはじけてるみくらぶも消え去り、最近は 値段も意外とあがって 余り、行きやすいところではなくなってせいもあるかもしれませんし、海には 行かなくなったせいとも言えます。

でも 子育て中は本当によく行きました。

世界的に経済もよく、テロリストも まだ でてこず、お買い物もたくさんできるハワイは 日本人には とてもいいリゾートでした。

別にかっこつけてるわけではありませんが、うちの子供は ハワイで初めて海にはいり、学校の臨海学校やボーイスカウト以外では 日本の海の海水浴に連れて行ったことがないまま育ちました。

いまほど、アラモアナなど運んでいず、ゆっくり、きれいな白砂のビーチで 遊ばせるのが 親としては とても楽だったのです。

ふたりとも、初めて飛行機に乗せたのは、 2歳直前。

そのころだと 航空運賃が 数千円で子供は行けたのです。

最初のころ、まだヴィザが必要だった時に上の子は 取ってあったのに、下の子は まだ 2歳で パスポートも、私のと一緒で良かったので ビザをいらないと思っていて 空港で 止められたこともありました。

えええええーと なったわけですが テロのない昔はゆったりしていて、空港で」なんとか イミグレーションの手続きをしてもらえて 入国できました。

いまなら、絶対強制送還されそうですね。

あらためて ハワイは アメリカだっけと 認識しなおしましたね。

アラモアナのビーチ周辺は 売店などは少ないのですが 公園の向こうの道路を渡ればすぐアラモアナショッピングセンターで フードコートもマクドナルドも あって 食べ物の調達も簡単でしたし、アラモアナホテルに宿をとれば 帰りに遊び疲れた子どもでも 叱咤激励してたどり着きます。

ワイキキは置き引きなどもいって あまり安全ではないですが アラモアナは 人もすくなく、いたって安全でした。

クリスマスシーズンには ロコの家族がバーベキューや 海水浴に繰り出して 人が増えますが サンドバギーに乗った警官が パトロールしていて、寄ってきたので 何か注意されるのかと、ドキドキしましたら、クリスマスの紅白の縞々キャンディを 子供に渡しに来たのでした。

レイバンのサングラスの日焼けのきれいな警官が 真白な歯をニットみせて だまってキャンディを差し出したときには

OH!ハワイ!と おもいました。

ハワイは常夏ですからクリスマスでも 夏ですが街はすっかりクリスマスの装飾に包まれ、寄付を募て街角に立つサンタの扮装の人も 水着姿で帽子とひげで鐘を鳴らして声をかけています。

アメリカの サンクスギビングの後からバーゲンが始まるので お買い物も そのころは バーゲンで どこでもお得でした。

個人で作った リースの展覧会があったりもします。

いつもどこかで クリスマスソングが流れて 楽しいときでした。

一応冬は 雨季なのですが、12月頃は あまり雨も多くなく、一日中ビーチで遊んだ子供のヒップに海水パンツの恐竜柄が 日焼けの後でついたこともありました。

水着やおもちゃも 男女問わず、子供のものは 可愛いものがたくさんあって、

お買い物はたのしかったですね。

アメリカの製品は 日本で買うよりは 安く買えますし、サイズが合えば いくらでもほしくなります。

女の子は小さくてもスプラッシュのお洒落な水着が 手に入ります。

子供向けのかわいいおもちゃ屋さんや 子供用品を扱うでJCペニーとかシアーズなどのデパートもありました。

今ではスプラッシュはありますが、デパートは 高級なブランド物が並び、ほかの子供服なども様変わりしてしまいました。

ワイキキで泳ぐことはありませんでしたが、 ホノルル動物園や 水族館には通いました。

いまは だいぶ、改善されてますが 昔はひなびた動物園と こじんまりした水族館で、それでも 子供たちは大好きで一番の人気スポット。

アラモアナやワイキキのビーチの足の着くようなところでは サンゴなどはないので 魚などは見られません。

熱帯魚をみるなら、ヒルトンホテルの中のラグーンプールか ハナウマベイまで行く必要があります。ヒルトンはもちろん泊まらなければ、はいれませんし、ハナウマベイは 距離もあり、 入り江の底にあるので、 荷物と子供をかかえて 行くのは大変ですし、逆方向の運転は 避けているので レンタカーなどで 移動しない主義なので 一回だけ 知人に連れていてもらっただけでした。

確かにおさかなとサンゴ礁が見られます。

子供とのハワイ旅行の時代の後半には 夫婦それぞれの 実家の両親と一緒のことも増えました。

上のこが2年生くらいの時に私の実家といって ついた翌日にその子がおたふくかぜになって おじいちゃんと一緒に ビデオやおもちゃ、おじいちゃんにはビールをわたして 二人でホテルにこもてもらったこともありました。

何処でもらったのかもわかりませんが、 他に、体調を崩して病院に行ったことがないので 学校で もらってきていたのでしょう、おじいちゃんがいてラッキイでした。

パートナーの側のおばあちゃんといったときは 大風が吹いて ついた日の翌朝、

アラモアアホテル前のホテルの屋根より高く伸びたヤシの木3本がたおれていて びっくりしたこともありました。

ともに祖父母チームは シニアな年齢でしたが どこに行っても親切にしてもらえました。レデイースファーストはもちろんですが 80年代でも ハワイの街は 高齢者に親切でした。

子供にも親切で レストランなどでも 声をかけてくれたり席も用意してくれました。子供連れが入りやすい食べ放題レストランなどもあり、かよいましたが

いつのまにかなくなりましたね。

もちろん、子供用品の店もたくさんありましたから便利なグッズも手に入りました。

今のようにレンタルバギーなどなかったので 自分で 買っても飛行機に持ち込みました。子連れは やはりこれがないと、突然 、電池の切れたエネルギー切れの子どもを運ぶのは大変です。

いまでこそ、 レンタル用品などもあって 便利な子連れ旅行先になっていますがそれよりはちょっと不便でも 、便利なこともいっぱいな子連れハワイでした。

親は最近行かなくなったハワイですが、ハワイの海を刷り込まれた子供は 相変わらずハワイが好きで オーストラリアの海まで すぐいけるところに住んでいる下の子供は

年に1回ハワイに休みの時にかよっています。